居酒屋へ「客引き」雇用した疑い 横浜の広告会社役員ら逮捕 神奈川県警 – 産経ニュース

 飲食店などに客を呼び込む「客引き」を雇い、客引き行為をさせたとして、神奈川県警生活保安課は30日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、広告宣伝会社「ジータJAPAN」代表取締役、藤田雄祐容疑者(26)=横浜市旭区今宿東町=と、同社の親会社で居酒屋チェーン「心」代表取締役、坂戸秀彰容疑者(40)=同市西区みなとみらい=を逮捕した。いずれも「客引きをしろと指示はしていない」などと容疑を否認している。 同課によると、ジータ社は複数の客引きをアルバイトとして雇い、「心」が経営する居酒屋グループを紹介させていたという。 逮捕容疑は、平成28年10月20日午後7時35分ごろ、同区南幸の路上で、男(26)に客引きをさせたとしている。 同課は同年11月、この男を含む男女11人の客引きを逮捕。うち9人がジータ社のアルバイトだった。給与は紹介した客の飲食代の10%前後で、月に約100万円を稼ぐ客引きもいたという。同課は、坂戸容疑者が摘発から逃れるためにジータ社を利用していたとみて、詳しい経緯などを調べる。

詳細を読む