性風俗業界で働く女性たち 「月80万円以上」の収入も加齢で減少 – ライブドアニュース

写真拡大 (全3枚)

 一般社団法人「GrowAsPeople」(GAP)が公表した調査報告書「夜の世界白書」が、性風俗業界で働く女性たちの“リアル”に迫っている。 業界の女性たちは10代後半〜20代前半で月平均80万円以上を手にするが、収入は年齢が高くなるほどに減少。多くの人が将来に不安を抱えながらも、現状を変えられずに漂流している実態が浮かび上がった。 GAPは性風俗業界で働く女性たちのセカンドキャリア支援に取り組んでいる。調査は平成27年度に実施され、ホテルなどで客と会う無店舗型風俗店(デリバリーヘルス)などで働く377人から有効回答を得た。 それによると、性風俗店で働き始めた動機(複数回答)は「生活費」が96件と最多。全体の平均月収は43万995円で、年代別トップは18〜22歳の81万9200円。収入は年齢が上がるほど減少していくという状況で、43歳以上は18万2千円と最も少なかった。 一方、自分の仕事については「誰にも知られたくない」と考える人が最多(全体で201件)となり、女性たちが孤立しがちな環境に置かれている様子もうかがえた。性風俗業界で仕事を続ける理由は「生活費(のため)」(同161件)が最も多く、次いで、「なんとなく」(同68件)が続いた。 GAPは「女性たちの多くは、夜の世界で働き続けることへ漠然とした不安を抱き、『自分を変えたい』という意思もあるが、具体的に何をすべきか分からず、業界に“漂流”するという状況が生まれている」と分析。「心身ともに仕事に限界を感じ始める『40歳の壁』を迎える前に、セカンドキャリアを築くことが大切だ」とも指摘している。× × × 今回の調査結果で注目されたのは、「なんとなく」性風俗業界で仕事を続けている女性の多さだ。軌道修正の方法が分からず、新たな一歩を踏み出せずにいるケースは少なくない。実際、GAPには、こうした内情を抱える女性たちが相談にやって来る。 関東に暮らす20代女性もトンネルから抜け出せず、もがいた時期がある。女性が本格的に性風俗業界で働き始めたのは、23歳の頃。知人男性から「店を出すから働かない?」との誘いを受け、「将来の資金がたまるなら」「すぐに抜け出して次のステップにいけばいい」などと軽い気持ちで引き受けた。 無店舗型風俗店で働き始めると多い時で月100万円を稼ぐようになったが、やがて、心と体は疲れ果てていった。 「もう、この仕事をしていたくない」。これまで働いていた店に在籍することはやめた。 昼の仕事につきたいという願望はあったものの、転職には高いハードルが待ち受けているように思えた。「職歴」と呼べるキャリアもなく、一般企業ではどんな働き方をするのかイメージすらできない…。 自分を変えようと、昼のバイトを始めた時期もあったが、結局、別の無店舗型風俗店で働く日々が続いた。× × × GAPの存在を知ったのはそんな頃だった。もんもんとしていた気持ちを抱えきれずになった昨夏、GAPに相談。将来への不安などを打ち明けると、GAPの協力先であるNPO法人で約半年、インターンとして働けることになった。 事務の補佐などの仕事を通じて芽生えたのは「昼の仕事っていいな」「ここまできたのだから必ず転職したい」という思いだった。 GAP広報の柳田あかねさんは「性風俗業界に身を置く女性たちは好きな時に好きなだけ働き、客から指名がついて稼げた分が1日の収入となる。しかし、昼間の仕事の多くは、決められた時間で業務をこなし、月給をもらう。インターンの狙いの一つは、女性たちの『時間軸』や『収入軸』を夜から昼に戻すことにある」と説明する。「職歴」がない女性たちにとっては昼間働くことへの自信につながり、履歴書の空白を埋めることにも役立つのだという。 女性はその後、商社に正社員として就職。くじけそうになることもあるが、「これだけ頑張ってきたのだから、踏ん張ろうと思える」といい、前を見据えている。

詳細を読む