「風俗嬢は金銭感覚が狂いやすい」は本当 「風俗で高収入を得ているわりには貯金が貯まらない」 – messy|メッシー

 「風俗嬢は金銭感覚が狂いやすい」とよく言われます。その原因のひとつは、“身体を売る”ことで得る報酬が高額であることが関係していると思われます。高収入求人サイトを見ると、業種にもよりますが、ほとんどの求人が「日給3万5000円以上」と謳っています。
 現在ソープ店に週3~5日出勤しているりりあさん(23歳/仮名)は、自分のヤル気や月によって収入は変動するといいますが、月収は「だいたい80万円くらい。多いと100万くらい行く月もある」といいます。サラリーマンの平均月収の倍以上です。風俗は「高収入~♪」なのです。
 りりあさんは20歳から風俗を辞めたり復帰したりを繰り返しているそうですが、その理由は「やっぱりお金を稼げるから」だそうです。彼女は「金銭感覚が狂っている」自覚があります。
「値段を特に気にしなくなった」少しずつ狂っていった金銭感覚
 りりあさんはホス狂いだった時期があり、その期間は「鬼出勤(出勤日数を増やす)して今の1.5倍くらい稼いでいた」そうです。ホス狂い当時は、月100万近い金額をホストに貢いでいたそう。りりあさんはホス狂いになる前から風俗嬢だったそうですが、ホストに通う前から「金銭感覚は少しずつ狂っていた」と振り返ります。
「風俗は日給制なので、出勤したらその日に数万円が手に入ります。ちょいちょい銀行にいって預金口座に入れるようにしていますが、お財布にはほぼ常に数万円が入っている状態です。風俗嬢になって何が変わったかというと、コンビニやド○キなどで買い物する時、値段を特に気にしなくなったことですかね。あと欲しい服やコスメも基本絶対買う。1~2万円なら即決です。それ以上の買い物になると『ちょっと高いけど、また風俗で稼げばいいや』って思うようになりました。あとすぐ移動にタクシーを使う風俗嬢も多いですね。私は金銭感覚が狂っているのに貧乏性がところが少し抜けていなくて、タクシーに関してはあんまり利用していませんが」
 彼女はもうホストには通っていませんし、ハイブランドのバッグを買ったりする趣味もありません。しかし、高収入を得ているわりには「なかなか貯金が貯まらない」そうです。
「風俗って仕事に慣れれば『簡単にお金をもらえるお仕事』なんですよ。私はヘルスとピンサロを経て、1年ちょっと前にソープ嬢になったんですが、ソープが一番稼げますね。ヘルス嬢時代は日給5万円で嬉しかったんですが、ソープ嬢になってからは同じ5万円でも『今日は少ないな』と思うようになりました。風俗で働く前は1万円がとても高額に感じていたけど、今はたいした金額だと思わない。東京都の最低賃金932円ですが、風俗嬢の時給は1万円くらいですからね。ちゃんとお給料を上手くやりくりしている子もいるとは思いますが、やっぱり風俗は金銭感覚が狂いやすい仕事ではありますね」
 最近りりあさんは「おばさんになった時のことを考えたら不安になった」そうで、普通のバイトも始めたそうです。「バイトだと1日数千円しかもらえないし、月給制だけど、普通の生活感覚を取り戻すために頑張らないと」と話していました。“高収入をもらえる”ことは風俗で働くことのメリットでもありますが、その裏に「金銭感覚が狂いやすい」というデメリットが潜んでいることを認識しなくてはなりませんね。

詳細を読む