【東京】JKリフレ勤務の女子高生が補導された件

引用元サイト
http://www.hochi.co.jp/topics/20150121-OHT1T50168.html

 女子高校生らが客の顔面に張り手するなどの接客をさせていた「JKリフレ」店が摘発された。
コスプレをした女子高生に接客させたとして、労働基準法違反(危険有害業務の就業制限)の疑いで、警視庁に21日までに逮捕されたのは「メイドリフレ Honey candle」(東京都新宿区高田馬場)の経営者・有元敬博容疑者(44)=東京都新宿区下落合=ら2人。
逮捕容疑は1月4日午後5時ごろ、店舗内で、18歳未満と知りながら女子高生(17)を雇い、50代の男性を接客させた疑い。警視庁によると、有元容疑者らは客の注文に応じて、個室でメイドのコスプレをさせた女子高生に、客に体を触らせながら会話や座らせるなどした。
「JKリフレ」は、女子高校生を意味する「JK」とリフレクソロジー(足裏マッサージなど)を組み合わせた造語で、少女が個室で男性客に添い寝やマッサージをする。児童買春の温床とされ、アルバイト感覚で始めた少女が犯罪に巻き込まれるケースもある。警視庁は、こうした業種の取り締まり強化のため、これまで18歳未満としていた補導対象を、今年1月から18歳の高校3年生にも広げた。今回、店で働いていた17~18歳の高3女子3人を補導。18歳の補導は初めてとなる。
売り上げ700万円 約20人の高校生が在籍していた店は、昨年5月に開店し、12月までに約700万円の売り上げがあった。30分3500円の「耳かきコース」や30分3000円の「お話コース」などから、有料オプションで「隣にお座り10分」1000円、「私服着替え」1000円などもあった。
店のホームページによると、高田馬場店の営業は4日で終了しており、その後、都内に移転した店も有元容疑者らが逮捕された19日から休業している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です