風営法違反で塩釜の店摘発 容疑の女2人逮捕 | 河北新報オンラインニュース

 宮城県警生活環境課と塩釜署は31日、風営法違反(禁止地域営業)の疑いで、塩釜市尾島町の店舗型性風俗店「小雨花」の店長小林碧霞(ぴか)(55)、中国籍の従業員〓碧紅(ご・へきこう)(53)の両容疑者を逮捕した。 逮捕容疑は、店舗型性風俗店の営業禁止地域で小林容疑者は8日午後9時15分ごろ、〓容疑者は3月28日午後9時ごろ、それぞれ店の個室で男性客に性的サービスを提供した疑い。 県警によると、両容疑者は「マッサージはしたが、性的サービスはしていない」と、いずれも容疑を否認している。 小林容疑者はマッサージ店をうたって営業。路上で性的サービスをほのめかす客引きを繰り返し、近隣の飲食店や住民らから塩釜署に苦情や通報が寄せられていたという。 同課などは30日午後11時40分ごろから、捜査員約30人で両容疑者の住居でもある店舗を家宅捜索した。関係資料や物品などを押収し、実態解明を進めている。(※)〓は「口」の下に「天」

詳細を読む