【福岡】キャバクラ経営者が3億円脱税で逮捕された件

引用元サイト

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012800751

キャバクラ経営者を逮捕=給与天引きの3億円脱税容疑-福岡地検
ホステスらの給与から天引きした所得税約3億7000万円を脱税したとして、福岡地検特別刑事部は28日、所得税法違反容疑で、キャバクラ店経営者の君嶋亮子容疑者(68)=福岡市=ら3人を逮捕した。
他に逮捕されたのは、同容疑者の夫で経営を補佐していた韓国籍の君嶋健次こと金永健(66)、経理担当の白石哲也(48)両容疑者。
逮捕容疑は2010年5月~12年12月、従業員に対して約21億5600万円の給与を支払い、所得税約3億7000万円を源泉徴収したが、税務署に納付しなかった疑い。
地検によると、亮子容疑者は福岡市や広島市などに十数店舗のキャバクラを経営。従業員は延べ約1万7000人に上るという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください